日本語

執筆で旅館に缶詰になり悶々とする女流作家が出張マッサージ師を呼び出し卑猥な施術で欲求発散

投稿日:

ヘンリー塚本の世界 女たちの人生いろいろ色もよう


【 動画内容 】

執筆で旅館に缶詰になり悶々とする女流作家が出張マッサージ師を呼び出し卑猥な施術で欲求発散しています。
閑静な旅館で執筆作業に勤しむ女流作家ですがどうも集中できない様子です。
受話器を取り電話をする作家がいつものマッサージ師をお願いしています。
ムラムラが抑えられずアソコをびしょ濡れにしている作家がテイッシュで拭き取って綺麗にしています。
浴衣を着直して待っていると杖をついたマッサージ師が部屋に到着しています。
襖を閉め寝室に二人きりになると先生の本を読んでいると話すマッサージ師。
お礼を言う作家ですが待ち切れない様子で帯を解き裸で布団にうつ伏せになってます。
「先生、いつものマッサージで宜しいんですか?」と意味深に尋ねるマッサージ師に「そう、いつものね。」と答えてます。
この後の展開はぜひ、動画でご覧ください。

-日本語

Copyright© VRアダルト無料動画 | 葵ぶるま推し , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.